CLOSE
CLOSE

ホーム  > エンジニアリング  >  防災・減災事業

防災・減災事業

社会的ニーズに応える信頼の防災・減災技術

今後発生が予測される大規模地震への対応や社会インフラ老朽化問題が表面化し、維持管理や更新事業にもスピードアップが求められるようになり、「防災・減災」についての社会的ニーズは益々拡大しています。当社は、独自の防災・減災技術をもって、これまで以上に安全・安心な社会の構築に貢献していきます。

耐震補強

  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ
  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ

当社は、従来から地震に対する技術の研究開発に積極的に取り組んでいます。 これまでには独自の完全外付耐震補強工法である「ピタコラム」をはじめ、耐震・制振・免震技術など、さまざまな地震に対する技術の開発、実用化を行ってきました。

急斜面地補強

  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ
  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ

地すべりや落石などの斜面災害から人々の生活を守る急斜面地補強技術にも注力しています。独自のパンウォール工法は、新築道路築造に伴う擁壁工事、山間部における道路拡張や土砂災害復旧工事など、多様な施工条件に対応できる逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

コンクリート構造物の剥落防止

  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ
  • 矢作地震工学技術研究所 イメージ

日本の社会資本ストックは高度経済成長期に集中的に整備され、今後急速に老朽化が進行すると想定されています。社会インフラを長期間維持管理することが益々求められる中で、当社独自のウォールプロテクト工法は橋梁やトンネルなどのコンクリート剥落防止対策に最適な表面保護工法です。 スプレーガン吹付け施工により、従来のシート接着工法と比較し短工期、高耐久性を実現します。