CLOSE
CLOSE

ホーム > 技術一覧 > 省力化・省人化 > Y'sプレピット

技術一覧|省力化・省人化
床貫通開口ユニット Y'sプレピット

  •  technology_s01_02_02.jpg

主にRC造の集合住宅において、型枠材料を下階から上階へ荷揚げするために利用する床貫通開口を形成するユニットです。

(一財)日本建築総合試験所 GBRC性能証明 第16-18号

特長

1.設置が容易
製品を固定するだけの簡易的な設置のため、誰でも簡単に設置できます。
2.せき板の取り外し手間不要
ラス型枠を使用しているため、せき板を解体する手間が不要です。
3.開口閉塞手間の大幅削減
開口閉塞のための鉄筋溶接が必要ないため、施工手間を削減できます。
4.コスト低減
従来は複数の工種が関与していた工程を1工種で行うことができ、コストが低減出来ます。
5.下階からの衝撃荷重も考慮
開口の断面を凹凸状にすることで、上階からの荷重だけでなく、下階からの衝撃荷重も考慮しています。

概要

  • technology_s01_02_03.jpg

    せき板

    床コンクリートのせき板にラス型枠を使用することで、せき板の解体手間を省略できます。また、断面形状を凹凸にすることで上階の床荷重に加え、下階からの衝撃にも強い形状にしています。

  • technology_s01_02_04.jpg

    開口部

    開口の寸法は可能な限り小さく設定し、開口閉塞の際に必要となる鉄筋溶接を不要にすることで、ワイヤーメッシュを置くだけの簡易的な方法で開口閉塞が可能となりました。