CLOSE
CLOSE

ホーム > 技術一覧 > 防災・減災 > ピタウォール工法

技術一覧|防災・減災
完全外付け外壁耐震補強 ピタウォール工法

  •  完全外付け外壁耐震補強 ピタウォール工法メインイメージ
  •  ピタウォール工法 イメージ

外部から壁を補強し耐震性能を向上する、集合住宅に適した耐震補強工法です。

(財)日本建築防災協会 技術評価 建防災発第14018号

特長

1.建物を使用したまま耐震補強
屋内作業が無いため、引越しや休業の必要がありません。
2.フラットな外壁の建物に最適
外壁に凹凸の少ない建物の耐震補強に適した工法です。
3.建物への出入、採光を妨げない
ブレースが無いため、出入口を塞いだり採光を妨げることはありません。
4.大きく外観を損なわず補強
外観は壁が厚くなる変化のみのため、外観に大きな変化はありません。
5.狭小地でも施工可能
補強部材が薄いため、狭い場所でも補強が可能です。
6.トータルコスト削減
外壁やサッシなどの撤去・復旧、内部工事が一切ありません。工事に伴う移設等の費用も削減できます。
7.メンテナンスが容易
表面がコンクリートのため、錆の発生も無くメンテナンスが容易です。
8.環境に優しい
外壁やサッシを解体する必要がなく、産業廃棄物の発生を抑制します。

工法概要

  • ピタウォール工法

    ピタウォール工法

    薄型リブ付き鋼板を内蔵したモルタル補強パネルを用い、既存の壁に対し外部から取り付ける耐震補強工法です。

主な施工事例

  • 都営辰巳一丁目アパート イメージ
    物件名
    都営辰巳一丁目アパート
    概要
    箇所数:142箇所
    場所
    東京都江東区