CLOSE
CLOSE

ホーム > 技術一覧 > 防災・減災 > ピタスチール工法

技術一覧|防災・減災
S造向け外付け耐震補強 ピタスチール工法

  •  外付け耐震補強 ピタスチール工法メインイメージ
  •  ピタスチール工法 イメージ

建物の外部より補強を行うことで耐震性能を向上させることができる工法です。

(財)日本建築総合試験所 建築技術性能証明 15-06号

特長

1.建物を使用したまま耐震補強
内部工事がほとんど無いため、引越しや休業の必要がありません。
2.内部空間はそのままで
建物の外部に補強体を設けるため、内部空間が狭くなることがありません。
3.狭小地でも補強可能
大掛かりな補強体を必要とせず狭い敷地でも外部から補強が可能です。
4.トータルコスト削減
外壁の一部撤去のみで補強ができるため、大掛かりな撤去・復旧工事が不要です。また、内部工事がほとんど無いため、移設等の費用も削減できます。

工法概要

  • ピタスチール工法

    ピタスチール工法

    建物を使用しながら補強工事が行える工法です。既設建物の外側に鉄骨補強体を構築。建物内の柱・梁と屋外の補強体を連結することで耐震性能を向上します。

施工手順

  •  施工手順1

    1.外壁撤去

  •  施工手順2

    2.ブラケット取付け

  •  施工手順3

    3.補強体設置

  •  施工手順4

    4.外壁復旧