Now Loading...

Now Loading...

CLOSE
CLOSE

ホーム > プロジェクト > 中日産業配送センター

中日産業配送センター

プロジェクト状況

矢印→

96%

所在地
愛知県豊明市栄町神田地内
工期
土木:2018年6月~2019年2月
建築:2019年2月~2019年11月
発注者名
中日産業株式会社
設計者名
矢作建設工業株式会社
工事概要
開発面積:41,518㎡
構造・階数:鉄骨造平屋建て
延面積:24,548㎡

伊勢湾岸自動車道「豊明IC」から近く、配送拠点として好条件な立地での新設プロジェクトです。事業計画の立案、開発許認可の取得、土地の造成、建物の設計から施工までを当社が一貫して手掛けております。土地の高低差を考慮して倉庫の北側を高床式に、南側を低床式とすることで地形を活かした平屋倉庫の建設を予定しております。

  •  完成パース.jpg

    完成イメージ

  •  写真③.JPG

    2018.08 進捗状況既存耕作土の地盤改良が完了し、現在は購入土による盛土工事と外周擁壁の基礎工事及び防火水槽工事を行っています。また、8月中旬から予定している流末水路の布設替え工事のために農業用水管の切回し等も同時に進めています。

  •  DJI_0004.JPG

    2018.09 進捗状況現在、事業用地内では主に外周の擁壁工事と購入土による盛土工事を安全・品質に留意して行っています。また、用地外では市道の片側交互通行規制を実施しながら流末水路の布設替えのため、仮設土留工事を行っています。大型車両の通行が多い路線ですので、通行車両の安全を配慮した交通規制に努めながら進めています。

  •  ●HPDJI_0022.jpg

    2018.10 進捗状況事業用地内では、先月から引き続き、外周の擁壁工事と購入土盛土工事を行い建物ヤードへの盛土も徐々に進んでいます。また事業用地外では、市道交差点・河川内での流末排水路布設替え工事や南側隣接農道内の排水路新設工事を行っています。公共道路内や道路近接箇所での工事が毎日継続して行われているため、通行車両・歩行者等の安全に留意して進めています。

  •  DJI_0052.JPG

    2018.11 進捗状況事業用地内の外周擁壁は北面を除いて概ね完了し、雨水地下貯留施設(南側)の工事にも着手しました。土工事は約60%完了し、年内の盛土工事完了を目指して進捗しています。また、事業用地外では市道を昼夜間交通規制して排水路工事と擁壁工事を行っています。工事は最盛期を迎えていますが、安全設備の点検と維持管理を日々実施し、通行車両と歩行者の安全を確保しつつ、安全第一で工事を行っています。

  •  DJI_0088.JPG

    2018.12 進捗状況先月に引き続き、事業用地外北側の市道では昼夜間の交通規制を実施して擁壁と排水路工事を行っています。事業用地外周関連の工事が12月下旬に完成するよう進めています。また、事業用地内では雨水地下貯留施設(南側)の工事が完成しました。盛土工事についても年内の90%完成を目指して進めています。

  •  DJI_0125.JPG

    2019.01 進捗状況事業用地外では、北側・西側・南側の道路拡幅が全て完了しました。1月中旬に建築制限解除検査(※)を受けます。また、事業用地内では、建築工事着手予定(2月)に合わせ、盛土工事および外周フェンスの完成を目標に現在施工中です。開発工事から建築工事へのバトンタッチが迫った大詰めの時期となっていますので、現場各所で引継ぎ準備が進められています。

  •  DJI_0186.JPG

    2019.02 進捗状況1月中旬に建築制限解除検査(※)を受け、検査済証を受領しました。地下貯留施設も全て完了し、建築工事着手準備が予定通り終了しました。現在、開発工事としては事業用地内において搬入土の整地、建物外構部の施工準備を行っております。建築工事仮設事務所も完成し、いよいよ2月から基礎杭工事が始まります。

  •  DJI_0007.JPG

    2019.03 進捗状況2月初旬から基礎下の柱状改良工事を開始し、基礎下柱状改良の打設の内およそ3分の1が完了しました。3月も引き続き基礎下柱状改良工事を進めるほか、掘削工事、基礎躯体工事も開始します。

  •  DJI_0021.JPG

    2019.04 進捗状況3月は、基礎下の柱状改良工事(1,227本)が完了、基礎掘削工は8割完了し、基礎配筋・基礎型枠工事を進めています。また、基礎コンクリート打設は4工区まで完了し引き続き、基礎躯体工事を行います。

  •  DJI_0001.JPG

    2019.05 進捗状況4月は基礎躯体工事が完了しました。現在は基礎の埋戻しと、杭重機5台を使用したフラットスラブ下の柱状改良工事(1,807本)を行っています。5月からは、いよいよ鉄骨建方を開始します。

  •  DJI_0001.JPG

    2019.06 進捗状況5月はフラットスラブ下の地盤改良工事が完了し、現在は鉄骨工事を行っています。建方も6割ほど進捗し、建物を立体的に見ることができるようになりました。また鉄骨工事に並行して外部足場を組み始め、屋根、外壁工事の準備も行っています。

  •  DJI_0015.JPG

    2019.07 進捗状況6月は鉄骨工事が完了し、外部では現場屋根成型機を使って二重折板屋根工事を、内部ではフラットスラブ基礎工事を進めています。7月中頃からは外壁工事へと進んでいきます。

  •  DJI_0002.JPG

    2019.08 進捗状況7月は、外部では二重折板屋根工事が完了し、外壁施工を進めています。内部ではフラットスラブ基礎工事が完了しました。床フラットスラブのコンクリート打設も約6割が完了し、内部の腰壁、根巻きコンクリート打設を順次進めています。

  •  DJI_0001.JPG

    2019.09 進捗状況8月は内部では全19工区のフラットスラブ床コンクリート打設が完了しました。引き続き腰壁コンクリート、間仕切壁(ALC)、鋼製建具工事を進めています。外部では外壁(Kスパン)貼り作業を引き続き進め、完成した部分から外部足場を順次解体しています。

  •  DJI_0044.JPG

    2019.10 進捗状況9月は建物外部で外装工事(Kスパン)と外部足場解体の一部を残して完了しました。内装では間仕切壁(ALC)と事務所エリアの軽量鉄骨下地工事が完了しています。現在は外構の構造物を構築と倉庫エリアの建具工事と電気設備工事を行っています。

  •  DJI_0024.JPG

    2019.11 進捗状況10月は建物内部の倉庫エリアでは、換気設備と電気設備工事が完了し、現在は床に浸透性表面硬化剤の塗布をしています。事務所エリアでは、内装仕上げ工事がほぼ完成し諸検査を行っています。外構工事では、コンクリート舗装とアスファルト表層路盤が完了し舗装工事を行っています。

工事所長コメント

 金子所長.png

工事所長金子 誠児

11月は月末の竣工引渡しに向けて、中旬から開発・建築・消防検査が順次開始されます。竣工までの間、現場巡視での「声掛け」を徹底し、安全作業で良質な建物を提供できるよう気を引き締め工事を進めていきます。