Now Loading...

Now Loading...

CLOSE
CLOSE

ホーム > プロジェクト > 東海北陸自動車道 池之島工事

東海北陸自動車道 池之島工事

プロジェクト状況

矢印→

98%

所在地
岐阜県高山市清見町上小鳥
工期
2014年12月〜2018年12月
発注者名
中日本高速道路株式会社
工事概要
工事延長 総延長 2,010 m 土工延長 1,497 m 橋梁延長 513 m

現在、東海北陸自動車道は、愛知県の一宮JCT~富山県の小矢部砺波JCTまで全線開通していますが、岐阜県の白鳥IC以北については、暫定の対面通行となっています。2009年からNEXCO中日本の白鳥IC~飛騨清見ICの4車線化工事が始まり、当社は2014年12月にその一部区間(岐阜県高山市の荘川ICと飛騨清見JCTの間、約2㎞の区間)の工事に着手しました。この区間は、標高1,085mで日本一標高の高い高速道路であることから、急峻な作業現場に加え、冬季の気温は氷点下20℃、積雪は2mを越える豪雪地帯です。厳しい工事環境下ですが、供用路線の近接施工であるため、職員一同安全に細心の注意を払いながら工事を進めています。

  •  project_ikenoshima_2015.03.jpg

    2015.03矢作建設工業株式会社の東海北陸自動車道 池之島工事プロジェクト進捗について紹介いたします。

  •  project_ikenoshima_2015.06.jpg

    2015.06 進捗状況上小鳥橋から本工事に着手しました。急峻な地形の箇所に施工ヤードを造成して仮設工事を行っています。

  •  project_ikenoshima_2015.09.jpg

    2015.09 進捗状況上小鳥橋の2つの橋台の施工状況です。供用路線の直近で橋台を支える深礎杭を施工しています。

  •  project_ikenoshima_2015.12.jpg

    2015.12 進捗状況池之島橋に着手しました。仮桟橋と仮設土留めの設置が完了し、地山補強土壁工(パンウォール工法)の施工を行っています。雪も降り始めています。

  •  project_ikenoshima_2016.03.jpg

    2016.03 進捗状況池之島橋において、周囲の地山補強土壁工(パンウォール工法)が完了し、大口径深礎杭の施工を行っているところです。

  •  2016.06.JPG

    2016.06 進捗状況栃洞谷橋において4基の橋脚を構築するための掘削を開始しました。写真は仮設土留めを設置している状況です。

  •  project_ikenoshima_2016.09.jpg

    2016.09 進捗状況栃洞谷橋の橋脚構築が進み、橋梁の形状もわかるようになってきました。供用路線に近い橋台については、路面の計測管理を行い、供用路線に影響を与えないよう工事を進めています。

  •  project_ikenoshima_2016.12.jpg

    2016.12 進捗状況上小鳥橋、池之島橋及び栃洞谷橋の下部工工事が概ね完了し、上部工工事へ移行していきます。辺りは雪景色となっています。

  •  2017.03.JPG

    2017.03 進捗状況豪雪地域のため冬期は作業を休止します。本線沿いに残る雪を交通規制のもと除雪し工事を再開します。

  •  project_ikenoshima_2017.06.jpg

    2017.06 進捗状況池之島橋付近の状況です。橋台を支える深礎杭と背面の地山補強土壁工(パンウォール工法)が完了しました。

  •  池之島.JPG

    2017.09 進捗状況池之島橋の橋脚、橋台合計13基の構築が完了しました。本線の切盛土工にも着手し、当社独自の技術である地山補強土壁(パンウォール工法)の施工を進めています。

  •  池之島12月.png

    2017.12 進捗状況例年よりも早い降雪という状況の中で、本線の切盛土工において、地山補強土壁(パンウォール工法)の施工を進めています。

  •  image2.jpeg

    2018.03 進捗状況日中も氷点下という厳しい環境のなか、工事再開に向けて、本線沿いの除雪・排雪作業を行っております。

  •  image2.JPG

    2018.06 進捗状況施工延長267m、施工面積2,345㎡にわたる大規模な切土のり面工事が最盛期を迎えています。地山補強土壁(パンウォール工法)による、ほぼ垂直に近い勾配で逆巻き施工を実施しています。

  •  image2.jpeg

    2018.09 進捗状況切土のり面部の地山補強土壁(パンウォール工法)が完了し、路床及び用排水工の仕上げ作業を実施しています。高速道路脇での作業になるため安全最優先で施工を進めています。

工事所長コメント

 project_03_comment01.jpg

工事所長山田 誠

9月末には本線部分の施工がすべて完了します。これで総延長2,010mの橋梁工事、本線土工事が完了しました。一部の区間は6月に車線切替供用が開始されました。今後は舗装工事が最盛期を迎えます。当工事については、雪庇防止柵等の施設工事と橋梁高架下の整備工事を行い、12月の工事竣工を目指します。