Now Loading...

Now Loading...

CLOSE
CLOSE

ホーム > プロジェクト > 新東名高速道路 御殿場インターチェンジ工事

新東名高速道路 御殿場インターチェンジ工事

プロジェクト状況

矢印→
所在地
静岡県駿東郡小山町中日向~静岡県御殿場市仁杉
工期
2016年1月〜2022年5月
発注者名
中日本高速道路株式会社
工事概要
土工 1,238,000㎥、溝渠工 14基、橋梁工 9基、擁壁工950m、法面工 91,380㎥、伐採工 181,800㎥、地山補強土工 1,400㎥ 、用排水工他

新東名高速道路建設事業は、東名高速道路の利用交通量の増大による混雑回避と今後発生する可能性が高い地震発生時における交通機能の確保という2つの課題解決に加え、ダブルネットワークの形成や今後実施される大規模更新工事による交通への影響軽減、所要時間の短縮による物流の効率化等を図るために進められています。当社は静岡県内において、2工区の掘削土砂と、他工区の掘削土砂にてインターチェンジを盛土築造する土工事主体の高速道路建設工事を進めています。

  •  2016年4月 1工区

    2016.04着手前の状況です。富士山を望む御殿場市内の1工区ではこれから盛土工事、小山町内の2工区では切土工事を主体に工事を進めていきます。

  •  2016年6月 1工区

    2016.06 進捗状況1工区では盛土を行う前に構造物を構築します。六日市場橋の下部工の施工に着手しました。2工区では切土工事を行う前の伐採工事に着手しました。

  •  2016年9月 1工区

    2016.09 進捗状況1工区では引続き構造物の構築を行っています。六日市場橋下部工に続きボックスカルバート(地中に埋設される箱型の暗渠(あんきょ))の構築を行なっています。2工区では伐採工事が完了し、切土工事に着手しました。2工区の土砂を1工区へ運搬します。

  •  2016年12月 1工区

    2016.12 進捗状況1工区では引続きコンクリート構造物の構築を行っています。施工する構築物の数が増えてきました。2工区でも継続して切土工事を行っています。

  •  project_04_05a.jpg

    2017.03 進捗状況1工区では六日市場下部工が完成しました。引き続きコンクリート構造物の構築を行っていきます。また2工区では中日向跨道橋の工事に着手しました。

  •  project_gotenba_2017.06.jpg

    2017.06 進捗状況1工区ではコンクリート構造物の構築と盛土工事を行っています。橋台4基・ボックスカルバート(地中に埋設される箱型の暗渠(あんきょ))3基が完成しています。また2工区では跨道橋の構築工事と、新たに調整池工事を開始しました。

  •  御殿場.png

    2017.09 進捗状況1工区ではコンクリート構造物の構築と盛土工事を行なっています。また2工区では跨道橋が完成し、調整池工事において当社独自の技術である地山補強土壁(パンウォール工法)の施工を11月より開始します。

  •  御殿場12月.png

    2017.12 進捗状況1工区(写真)ではコンクリート構造物の構築と盛土工事を行なっています。構造物が完成した箇所やインターチェンジ方面で盛土工事を施工し、毎日約1,200m3(10tダンプトラック250台分)の土砂を盛土しています。また2工区では調整池工事において地山補強土壁(パンウォール工法)の施工を施工しています。

  •  image4.png

    2018.03 進捗状況1工区(写真)ではコンクリート構造物の構築と盛土工事を行っています。年始から本線部分の盛土に着手し、毎日約2,000m3(10tダンプトラック400台分)の土砂を盛土しています。3月中旬からは御殿場インターチェンジランプ橋の上部工を開始します。また2工区では地山補強土壁(パンウォール工法)で調整池工事を施工しています。

  •  image2.bmp

    2018.06 進捗状況1工区(写真)ではコンクリート構造物の構築と盛土工事を行っています。盛土工事は、毎日約2,000m3(10tダンプトラック400台分)の土砂を盛土しています。構造物の構築は、引き続き御殿場インターチェンジランプ橋の上部工とボックスカルバート2基を施工しており、6月より新たにアーチカルバートの施工に着手しています。また2工区では調整池工事の地山補強土壁(パンウォール工法)が7月末で完成します。

  •  201912HP用.png

    2019.12 進捗状況1工区(写真)では、コンクリート構造物の構築と本線部・ランプ部の盛土工事が続いています。11月より新たに内空断面4.0m×6.0mの大断面プレキャストボックスの据付工事が始まりました。今後はプレキャストボックスの据え付けに加え、プレキャストL型擁壁3基の施工を順次進めていきます。

  •  無題.png

    2020.03 進捗状況インターチェンジの工区では、2基のアーチカルバートが完成し、本線・ランプに関わる大型構造物が概ね完了しました。今後は一部開通に向け、盛土工事を進めていきます。

  •  202006.png

    2020.06 進捗状況大型構造物がほとんど完成し、現在は盛土工事と用排水工事を中心に作業しています。一部先行して開通する区間の施工を優先的に進めています。

  •  9gatu .png

    2020.09 進捗状況盛土工事と用排水工事が最盛期を迎えています。引き続き、一部先行して開通する区間の施工を優先的に進めています。

  •  12月.png

    2020.12 進捗状況御殿場インターチェンジ開通に必要な部分主要部の盛土工事は概ね完了し、それ以外の本線盛土工事を引き続き行っています。また工事の主工種が用排水工事 となり、大型の水路を含め様々な排水構造物を構築しています。

  •  202104.png

    2021.03 進捗状況2021年4月10日に開通予定の箇所は、一部竣工を迎え開通を待つのみとなりました。現在は新御殿場ICから東京側の盛土工事や擁壁工事、用排水工事及び側道工事を主工種として、工事を進めています。

  •  2021年(6月)新東名高速道路 御殿場インターチェンジ工事.JPG

    2021.06 進捗状況2021年4月10日に、無事御殿場JCT~新御殿場IC間が開通しました。現在は側道工事を主体に工事を進めています。また未供用部分の盛土工事も最盛期を迎えております。

  •  御殿場インター.jpg

    2021.09 進捗状況現在側道部を重点的に用排水を主工種で進めています。周囲は田地に囲まれており、農繁期でもあるので周辺環境に配慮した工事にて進めています。また未供用の本線部分の盛土も進めています。

コメント

 奥村 逸郎.jpeg

工事所長 奥村 逸郎

工事の主工種が側道工事となっており、施工箇所が工区内の各所に点在しているので、特に安全管理や周辺環境配慮に重点を置きながら工事を進めています。また盛土工事に関しては、建設ICTを利用することで省力化を推進し、高品質な施工を実現するよう進めています。