Now Loading...

Now Loading...

CLOSE
CLOSE

ホーム > プロジェクト > セントレアホテル新棟

セントレアホテル新棟

プロジェクト状況

矢印→

21%

所在地
愛知県常滑市セントレア1-1
工期
2017年6月~2018年9月
発注者名
名古屋鉄道株式会社
設計者名
矢作建設工業株式会社
工事概要
構造・階数:鉄骨造・11階建て
延面積:7,304㎡
敷地面積:4,733,277㎡

中部地方の空の玄関口である中部国際空港(セントレア)の空港島内に位置し、中部国際空港駅ならびに中部国際空港ターミナルビルと直結する「セントレアホテル」の新棟建設プロジェクトです。このプロジェクトでは既設のホテルの横に、新たに全160室の客室を有する11階建てのホテルを増設します。また中部国際空港周辺では2018年以降、愛知県国際展示場をはじめ複合商業施設やホテル等、様々な新施設の開業が予定されており、今後の空港島エリアの盛り上がりが期待されています。

  •  セントレアホテル竣工パース.jpg

    完成イメージ

  •  image3.jpeg

    2018.01 進捗状況鉄骨建方工事が12月末で8割完了しました。下階から順に床デッキプレートを張る工事を行っています。鉄骨建方工事が完了し次第、本格的に床コンクリート工事に取りかかります。

  •  image3.jpeg

    2017.12 進捗状況基礎工事が終わり、11月中旬から地上で鉄骨建方工事が始まりました。1万トンを超す鉄骨材を7名の鉄骨鳶さんと2台のクレーンで組み上げます。この工事は11月末で3分の1が立上り、来年1月まで続きます。高所での作業が続くため、墜落災害防止の管理の徹底に努めます。

  •  image3.jpeg

    2017.11 進捗状況10月初旬から基礎躯体工事が始まり、鉄筋組立・型枠組立・コンクリート打設を進め基礎部の構造体を造っております。これらは建物完成後、土に埋まり手直しの出来ない部位になるため、品質には特に配慮が必要となります。

  •  ①セントレアホテル(補正後).jpg

    2017.10 進捗状況9月初旬に合計27本に及ぶ現場打ちコンクリート杭工事が終わりました。引き続き、掘削工事・基礎躯体工事を11月中旬まで行います。

  •  sentrair_hotel_2017.08.JPG

    2017.09 進捗状況8月初旬から9月中旬まで杭工事を行っています。現場打ちコンクリート杭を合計27本、一日1本のペースで施工しています。

  •  sentrair_hotel_2017.07.jpg

    2017.08 進捗状況今月から工事が本格的にスタートしました。まずは基礎工事にあたり、土留めを行うための親杭を打設しました。また月末からは杭工事に着手し、合計27本の現場打ちコンクリート杭を1日1本のペースで9月中旬まで施工していきます。

工事所長コメント

 菅原所長.jpg

工事所長菅原 雅智

風が強く大変寒いなか、作業員の方々による安全を第一に考えた工事進行によって年内を無災害で終えることができました。これから床コンクリート工事・外装工事へ進み、工事に関わる作業員が増えるに伴って危険も増えるため、日々の安全意識を高めつつ、今後も無災害を目指します。