Now Loading...

Now Loading...

CLOSE
CLOSE

ホーム > プロジェクト > 愛知学泉大学岡崎学舎新6号館

愛知学泉大学岡崎学舎新6号館

プロジェクト状況

矢印→

100%

所在地
愛知県岡崎市舳越町上川成28
工期
2018年7月~2019年3月
発注者名
学校法人安城学園
設計者名
矢作建設工業株式会社
工事概要
構造・階数:鉄骨造・4階建て
延面積:3718㎡

愛知学泉大学岡崎キャンパス内の新校舎建設プロジェクトです。この施設は、「集中型の空間」「自由度の高い空間」という2つの使用スタイルに合わせた講義室を備えた、4階建ての校舎として活用されます。
また、建物正面に木製の大階段を設置することで敷地内移動の利便化を図るだけでなく、学生の憩いの場を創出します。当プロジェクトは、多くの学生が利用するなかでの工事となるため、学生の安全や校内のインフラに支障が出ないよう、細心の注意を払いながら進めていきます。

  •  外観.jpg

    完成イメージ

  •  image1.jpeg

    2018.07 進捗状況6月は、工事を進めるために必要な樹木の伐採・既設埋設配管の迂回工事を中心に行いました。7月は、杭工事が中心となり、月末からは掘削工事に着手します。

  •  image2.jpeg

    2018.08 進捗状況7月は、土砂の崩壊を防ぐ山留工事と杭工事(34本)を中心に施工を行いました。今月は、掘削工事から基礎配筋、基礎型枠へと進んでゆく基礎工事を中心に工事を進めていきます。

  •  image2.jpeg

    2018.09 進捗状況8月は、掘削工事から基礎配筋・基礎型枠工事という建物を支えるための土台を作る仕事を中心に工事が進捗し、一部基礎コンクリート打設も完了しました。9月は、引続き基礎工事と、いよいよ建物の骨組みとなる鉄骨工事へと進んでいきます。

  •  ●image2.jpg

    2018.10 進捗状況9月は、基礎コンクリート工事及び外周部の埋戻しも終わり、上空から見ると、建物の平面的な形状がはっきりわかるようになってきました。9月は台風に悩まされましたが、大きな工程の遅れもなく工事は進捗しています。10月は、鉄骨工事を中心に、工事を進める予定です。

  •  201811.jpeg

    2018.11 進捗状況10月は、鉄骨工事が進んだことにより、建物を立体的に見ることができるようになりました。また、鉄骨工事に平行して外部足場も組み始め外壁工事の準備にも着手しています。11月前半は各階の配筋、床コンクリート打設、後半は外壁工事へと進んでいきます。

  •  image2.jpeg

    2018.12 進捗状況11月上旬は各階の床コンクリート工事を行い、下旬からは外壁(ALC・アスロック)工事を中心に進捗しました。その後は順次、耐火被覆等内装工事へと進んでいきます。12月からは旧3号館の解体準備(仮囲い・設備迂回・内装撤去工事等)が並行して始まります。

  •  image2 - コピー.jpeg

    2019.01 進捗状況12月は主に外壁・屋根防水工事、耐火被覆、内部間仕切り工事が進捗しました。また、旧3号館の内部解体工事と解体に伴う外部足場工事も行いました。1月は内外装仕上げを中心に工事が進みます。また旧3号館解体工事においては、本格的に建物の解体に着手しています。

  •  image2.jpeg

    2019.02 進捗状況1月は外部では塗装及び庇工事、内部では各階の天井・壁・設備工事が順調に進捗しました。一部の足場が撤去されたことで建物左側奥の庇の一部が見えるようになりました。旧3号館解体工事についてはコンクリートの躯体解体が3分の1程度完了しています。2月には外部足場がほとんど撤去されるため建物の全体が見えるようになっていきます。

  •  image2.jpeg

    2019.03 進捗状況2月は、外部では外壁塗装・庇工事が完了し、仮囲いが一部撤去され外構工事に着手しました。内部では、天井・壁工事が順調に進捗し設備機器を順次取付けています。また床工事も1Fから順次進めています。旧3号館解体工事においては、コンクリートの躯体解体が完了し基礎解体工事に着手しています。3月は、竣工月です。今後も大階段のウッドデッキなど、意匠上重要な工事が続きます。

  •  image2.jpeg

    2019.04 進捗状況大階段の仕上げの工事・建物廻りの外構工事(アスファルト舗装等)も終わり、愛知学泉大学岡崎キャンパス6号館が完成しました。内部においても開放感のある空間を演出し、魅力的なキャンパスを創出すると共に、既存キャンパスと調和のとれた利便性の高い建物になりました。

工事所長コメント

 project_05_comment01.jpg

工事所長河合 幸利

工事着手して9ヶ月、順調に工事が進捗し竣工となりました。工事関係者・近隣住民の皆様に感謝申しあげます。当校舎が4月から学生の新たな学びの場となり、ますますの発展に寄与することを願っております。